フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 湖風情報秋分編 | トップページ | コンサートホールの環境 »

2009年9月26日 (土)

お友達情報

世の中の注目を集めている私たちのお友達が3人。
今回は、喫茶店のカウンターの俎上にこの3人を乗せてみます。

最初は大統領ならぬ総理、鳩山由紀夫君。
お友達というにはそれほど近くはないのだけれど、小石川高校の同窓です。
学年は一緒でしたがクラスは違っていました。一緒の授業を取った記憶もないので、どんな授業態度だったか直接には知りません。それでも御曹司なので注目はされていましたね。当時から弟の邦夫の方が家業を継ぐ意志はギラギラさせていたようで、由紀夫の方は家業の束縛から解放されていた、解放していたのでしょう。とてもおとなしそうな感じに見えました。
ついでに言えば小沢一郎さんという方は小石川高校の数年先輩ということです。当然ニアミスもしていません。

総理の次は、副総理菅直人君。
こちらはかなり親しかったです。東京工業大学の同期、応用物理学科で机を並べていました。卒業研究の研究室も隣同士でした。学園紛争の時代でしたので研究以外も。
バリケード封鎖中だったので卒業式はなく、私たちの研究室では卒業証書を新宿のビアホールで先生からいただきました。周りのヨッパライ達が冷やかしてくれました。講座が一緒だったので、その時菅も一緒だったと思います。菅は学園紛争の中でセクトによらない独自の立場を貫きました。卒業後企業に勤めず、弁理士資格を取って特許事務所に勤めたこと、市川房江の勝手連の活動から政治活動に入っていったことはご存知のとおりです。ついでに言えば、倒された内閣の環境大臣をしていた斉藤哲生さんという方は東京工大応用物理学科の後輩になります。こちらもニアミスなしです。

鳩山君にしても、菅君にしても少なくとも大学入学当初は科学者を目指していた筈です。科学者になる夢は破れてしまったけれど、科学的な思考や態度は培われている筈、と信じています。科学を学んだ者の価値はそこにある、と密かに思っています。

3人目は店長のお友達、西松遥君です。JALの社長ですね。ご当地広沢小学校、蜆塚中学校の同級生でした。
JALのお家騒動の後、末席の役員から突然の社長に据えられ、今ではモミクチャにされていますね。店長は同情することしきりです。

« 湖風情報秋分編 | トップページ | コンサートホールの環境 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ドイツの首相のメルケルさんも物理学者であることを知りました。
一見カオスに見える現実世界に法則性を見出し、それを実証し、体系化する。部分と全体とをシステムとして関連付けて理解する。物理学はそんな学問だと思います。
既存の体系では説明できない事象に出会えばより高次の体系を見出す努力を怠らない。現実に観測される事象を説明し、現実によって実証されるとする態度。物理を学んだ者の態度が政治の世界にも反映されることに期待します。

お早うございます。N爺です。
いつも楽しみにブログを覗かせていただいています。
オーナーも店長も今、最も注目度の高い方々とお知り合いとは、羨ましい。また、いろいろな思い出話など、聞かせて頂きたいと思います。また、お店に伺いますネ。

うわーーーーっ!お友達情報スゴイんだ!
湖風カップルはタダの人じゃないと感じていたけれど、やっぱり・・・デス。
「技術は一生の力、学歴は一生の宝」は
私のコトバでありますが、そのとおりですね~。
大切に抱きしめてくださいね。(紫屋)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お友達情報:

« 湖風情報秋分編 | トップページ | コンサートホールの環境 »