フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 染繍画展が始まりました | トップページ | なかなか言葉が出ません »

2007年10月17日 (水)

大島はるみ人形展を開催中です

大島はるみHARUMI DOLLS展Ⅷ「わ・ん・ぱ・く」part3

期間10/17(水)~10/29(月) 10/23(火)休み

901web

 

作者:大島はるみさんの紹介

-------------------------

大島はるみ:主婦ときどき人形作家

1972年 浜松市立高等学校卒業
1974年 青山学院女子短期大学卒業
1982年 西洋磁器人形インストラクター資格取得
1992年 創作人形始める
1996年 世界人形大会参加・銅賞受賞(ベルギー)
1998年 日露現代芸術祭出品(国立トレチャコフ美術館)
1999年 日米文化交流展共催(フロリダ州森上美術館)
2000年 国際アートフェアー「リニア」出品(ベルギー)
2002年 国際芸術産業展出品(ロンドン)
2003年 五人展(メルボルン)
2004年 文化交流展(メルボルン、ゴールドコースト)
2005年 作品集『祭』出版
2006年 武蔵野美術大学卒業
2007年 7月作品集『おとうと』出版
その他、個展・グループ展・交流展など多数

『創作人形の楽しさ+α』
まず創作人形の楽しさは、自分の想いが形になる事です。それは創作人形が決め事やしきたりに縛られる事なく、発想が自由、素材も自由である点。つまりは作り手の想いを直接、鑑賞者へ伝えられる事が創作人形の一番の魅力であり、同時に作り手にとっての楽しさでもあると思います。それは鑑賞者にとっても、作り手が展開する創作人形の世界を作り手と共有しながら直で楽しめる事ではないでしょうか。近年、人形ファンが増えてきているのもわかるような気がします。
次に、創作人形はいくつになっても向き合う楽しさがあると思います。それは近年デジタル化が進む社会とは違って、物作りが基本的にアナログの世界であると思うからです。普段私は人形たちに語りかけながら、のんびり・ゆったりと時間をかけて納得のいくまで人形たちと向かい合っています。それは私自身が心の内面と向き合い、その奥にある考えや意見を何らかの形で外に向かって表現しようとする行為、つまり私にとっての創作人形は、『自己表現』のひとつであると思います。人生を重ねただけ人形たちと向き合う時間にも深みが持て、それが人形たちの表現や表情にも味が出てくるのではないかと、私が今から密かに楽しみにしているひとつです。
さて、幸運な事にこの国には四季折々の美しい景色と、その折々に催される伝統行事、そして先人たちから語り継がれてきた昔話など、『生きる喜び』が数多く存在していると思います。しかしその一方で、『生きる希望』を失いかけている人たちが、近年確実に増え続けているのも悲しい現実ではないでしょうか。もちろん私自身、これまでの乏しい体験からしか上手くは表現できませんが、『温もり』や『優しさ』、『懐かしさ』など、果ては『勇気』や『元気』に至るまで、少しでも私の人形たちから『生きるエール』を感じて頂ければ、私も人形たちも本望です。   大島はるみ
--------------------------------------

« 染繍画展が始まりました | トップページ | なかなか言葉が出ません »

ギャラリー展示」カテゴリの記事

コメント

先日は、きれいな夕陽を教えて頂き有難うございました。

夕陽ってなんともいえない美しさがあっていいですね。
この季節はお店からきれいな夕陽とそれに染まる佐鳴湖の湖面を観ることが出来て贅沢な一時を過ごせます。

また、展示の方もいろいろな有名の方の作品が展示されていてとても刺激を受けて楽しめます。
たくさんの方が見えられていて嬉しく思います。

いつも利用させて頂いて有難うございます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215896/16783427

この記事へのトラックバック一覧です: 大島はるみ人形展を開催中です:

» きれいな夕陽を観ていますか? [▼日々喜怒哀楽▲]
最近、佐鳴湖パークタウンの『湖風』さんを打合せで使わせて頂くことが多い。 水曜日の夕方、打合せをしていたら、『打合せ中にすみませんが、きれいな夕陽です!』と店長さんが教えてくれました。 空に目をやると、とて... [続きを読む]

« 染繍画展が始まりました | トップページ | なかなか言葉が出ません »